« NEWS: 野田村より… | トップページ | お知らせ&大船渡ボランティア体験レポート »

2011年7月 5日 (火)

NEWS と石巻復興市ボランティアツアーレポート

ただ今第三次募集受付中です。
第三次募集の詳細は6/21ブログをご覧ください

NEWS

餃子の蜂屋様 チャリティーボックス第二弾2回目の炊き出しが行われました。

7/1、蜂屋様の工場がある塩釜市のお隣、多賀城市にてアツアツの餃子炊き出しが行われました。前回の女川で未使用だった分のマイ箸を使っていただきました。
詳細はこちら、蜂屋さんのブログをご覧ください。

※※※石巻復興市のボランティアツアーレポート※※※

東京都にお住いのマイ箸参加者T様が、“明日から行ってきます。このボランティアなら私にもできそうです。”とツイートされたのが出発前夜。ぜひレポートしてくださいとお願いし、当ブログでご紹介するレポートを引き受けてくださいました。
『力作業はできない』と現地入りすることをためらっていらっしゃる方へ、全くちがった形のボランティアもあるということでご紹介させてください。
以下T様のレポートです:

7/1~2日に「石巻市雄勝町応援&ボランティア企画!復興市参加ツアー」に参加してきました。被災地で行われる復興市で買い物と後片付けのボランティアをするツアーで、夜行バスを使って0泊2日の旅です。旅行代金に義援金も含まれています。
ツアー内容→ 
http://ecc.knt.co.jp/tyoec/ogatsucho/?aid=003ecc

 夜11時に東京駅を出発。途中でトイレ休憩をしつつ、宮城県石巻市雄勝町へ。
雄勝町は硯で有名な町ですが、今回の震災では児童の多くが行方不明になった大川小学校http://j.plustar.jp/oaj4xや、ビルの屋上にバスが乗った建物http://j.plustar.jp/n0hy7の被害で全国的に知られた場所です。

 高速を降りて雄勝町に近づくにつれ被害が大きくなっていきました。
まず、道がデコボコでバスが跳ねだし、地震や津波で壊れた家が増え始め、次第に海水の溜まった田か家の基礎だけの光景に・・・

9時ごろ、避難所の1つ大須小学校に到着。
大津小の教頭先生から震災時の状況とその後の避難所生活について説明していただき、視聴覚教室で津波が町を襲った時のビデオを視聴しました。本当に一瞬で町が津波に飲み込まれてしまっていました…

01_2

02_2

 その後、避難所になっている体育館へ。現在でも40数名いらっしゃるそうです。
今は電気も水道も電話もネットも使えるそうです。
でも、数日前から東北地方も暑くなり、クーラーがない体育館は蒸し暑く、過ごしにくいそうです。さらにハエが多く、ハエ取り紙をたくさん吊るしてありましたが、それでもたくさん飛んでいる状態・・・今後はハエだけでなく蚊の対策も必要になると思います。
 食事は朝晩の2回NPOの方と避難所の皆さんが家庭科室で作っているそうで、週に3日は県から夕飯に弁当が支給されているが、あとNPOを通じた支援物資で食事を作っているのだそうです。
※NPOだんだんカフェ公式HP→ 
http://j.plustar.jp/6kima

03_3

043_5

大須小の校庭では自衛隊による入浴支援がされていました。入浴と言っても、かけ湯で湯船には浸かれないのだそうです。また、校庭に18戸仮設住宅ができるそうですが、仮設住宅に入ると食料支援が打ち切られてしまうので入居をためらう方もいらっしゃるそうです。

大須小を後にして、10時半ごろ雄勝復興市会場に到着。
復興市にはたくさんお店が出ていて、カキ氷、焼きソバ、フランクフルトなどの屋台から、わかめ、カツオ、野菜、キムチなどの生鮮食料、復興支援Tシャツ、町の特産品硯などのお店がでていました。復興市は今回で2回目だそうで、今回は「パフォーマーの皆さん」が参加され、楽器演奏、合唱、ダンス・踊り、手品などで盛り上がりました。

05_2

特にオーストラリア出身の関西弁がベラベラのおじさんの手品&トークが大盛況でした(^^)

とにかく現地に現金を落とす!ことが目標の旅ですので、10時半から1時半まで自由行動で、買い物&買い食いして楽しみました。
途中、会場の外を少し散策してみると、事前にここが銀行だったと教えてもらわなければ銀行だったとわからないビル、郵便局の看板があったからわかった郵便局の廃屋、2mある防災壁がなぎ倒されたガソリンスタンド、他は家の基礎かポッキーのように折れた電信柱しかない…

10_2

11_2

08_2

09_2

あまりの被害の爪あとの大きさに絶句しながら復興市の会場に戻ると、塩わかめを売りにきた現地のお兄さん2人組に「どちらからいらしたのですか?」と声をかけられ、「東京です」と主人が答えると「え!東京!!そんな遠くからきてくれたのですか?Σ( ̄□ ̄;)」とビックリされました。バスツアーで来たと教えると、兄ちゃんたちに「どんな内容のツアーなんですか?」と聞かれたので近くにいた添乗員さんを巻き込んで、その後5人で立ち話。
被災地のお兄ちゃんたちは「義援金や支援物資もうれしいけど、応援してくれる気持ちが一番うれしい。なにより、こうやって遠くから応援に来てもらってすごく嬉しい!」とちょっと涙目になりながら喜んでくれました。
彼らは漁師で、雄勝町はホタテや牡蠣、ホヤの養殖が盛んだったそうです。津波で養殖施設や船を流され、今は収入のすべてを絶たれた状態なのだと。
今後もぜひこういう応援ツアーを開催して応援してくださいと添乗員さんにお願いしてました。もちろん、私たち夫婦もお願いしましたよ!

2時に復興市がお開きになり、ツアー参加者全員で後片付けのお手伝い。
使ったテントを畳み、机と椅子を役所の中に運び込む。椅子を持って役所の中に入ると…
何もない!!むき出しのコンクリートとガラスが割れた窓だけ。運び込んだ机や椅子のほかには、泥だらけの書類で一杯の漁用のかごが数個あるだけ…

ここが小学校で見たビデオを撮った役場だと教えてもらわなければ、役場だとわからない。
そういえば、復興市で話をした漁師の兄ちゃんが「役場の市のマークの下まで津波が来た」と言っていたので、3階まで完全に浸水したんだ・・・

こんな何もないところからどうやったら復興できるんだろうかと本当に思った。
漁師の兄ちゃんたちが「応援してくれる気持ちが一番うれしい。見捨てられるのが一番怖い」と言っていたので、これからも応援の声を上げ続けていきたいと思います。まずは…日本政府の重いケツを国民の声で蹴り飛ばさないと!!

※以上、T様からの石巻レポートでした。レポートをお引き受けくださったT様。ありがとうございました。

支援にはいろいろな形があると思います。力のある人はスコップを持って現地へ、お金のある人は義捐金を、知恵のある人はアイディアをだせばいい。そして、こういった「被災地を忘れないためのツアー」への参加など、今後は「支援物資を与えるだけではない新しい形」の支援が中心となり、被災地の商業や観光を活性化させ、それが復興の助けとなっていくのではないかと感じます。

今後も皆様からのボランティア体験レポートをご紹介させていただきたいと思っています。
現地入りされた方、ブログでご紹介させていただきますので、ぜひ管理人までメールをお願いします。

« NEWS: 野田村より… | トップページ | お知らせ&大船渡ボランティア体験レポート »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>ラグナ♪様
発送のご連絡ありがとうございました。
また到着の折、MB入れさせていただきますね!

こんばんは^^
少量ではありますが、本日発送いたしました。

某HPのMBに、送った種類・個数・伝票番号等入れてますので
お時間のある時にでも見ていただけますか

寺崎様
この度もご協力ありがとうございました。到着の折、メールにてご連絡いたします。

大島様
今回も、お恥ずかしい出来ですが、バックx17とお箸&箸袋x4を
7月9日発送で送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
また次回も、ぜひ参加させてくださいませ。

毎日暑く、取りまとめや発送手配など大変な作業ですが、体にお気をつけ下さい。

群馬県たかはし様
発送のご連絡ありがとうございました。到着の折、またメールにてご連絡いたしますね。

今日いろいろ送ります。
宅急便で伝票番号3157-1846-1483です。
よろしくお願いします。

>けいこ@品川さま
こんにちわ! 暖簾、枕カバー、お箸単品、どれもありがたく東北へ送らせていただきます。
蜂屋ファンが増えて嬉しいです。

全国の方が美味しいものを食べながら応援し、地元の元気な企業が頑張って雇用を生み、
さらに避難所の皆様の栄養補給になる、個人的には素晴らしい支援の形だと思います。

様々な情報ありがとうございます。
いろいろ勉強に参考になります。
そしてうれしく拝見しています。

このところ縫い物に取りかかれないでいたので、、、、、
「餃子の蜂屋様 チャリティーボックス」、これはありがたい!と、
注文いたしました。
自分にできること、自分のセンサーにぴったりくること、
ほんの少しでも長く続けていきたいです。

市販品で未開封のままウチにある暖簾と枕カバーを
今回はお送りしようと思っています。

今回、「箸だけ」(〜7膳)も、お送りして大丈夫ですか?
もし「箸だけ」がご迷惑でなければ同封いたします。
(今回は使わないということでしたら、次回用にします。
箸袋用に裁断したりアイロンかけたりした布と箸はあるのですが、
それは第4次にむけてになりそうなもので、)

ありがとうございます!

遠慮なくコピーさせていただきます。

まだまだ物も人手も必要ですよね。
頑張って広報します。

私が復興市のレポートを書きました。
転載していただいてかまいませんよ(^^)

主催した方の挨拶で、今後も復興市を毎月開催したいって
おっしゃってましたし、来月の開催は決まっているそうなので、
このレポートを読んで雄勝の復興市に足を運んでいただけるなら、
レポートを書いたかいがあります,,o(^^)o,,

いつもお世話になりありがとうございます!

復興市、参加されたんですね。
うちのコミュでも日程等、広報はしているのですが、なかなか参加するのは難しいようで・・・

「復興市」の報告部分をコミュの方に転載させていただけないでしょうか?

これから夏休みで参加できるツアーやボランティアが増えると思うのですが、初心者が多いので
実際の活動の様子をあちこち声をかけて転載させていただいているんです。

よろしければ、ぜひお願いいたしますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497248/40686823

この記事へのトラックバック一覧です: NEWS と石巻復興市ボランティアツアーレポート:

« NEWS: 野田村より… | トップページ | お知らせ&大船渡ボランティア体験レポート »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ