« 第三次募集終了、ありがとうございました! | トップページ | 石巻市雄勝町&岩手・野田村より… »

2011年7月19日 (火)

お知らせとNEWS

お知らせ: 『浜のミサンガ 環 |三陸に仕事を!』のご紹介

浜のミサンガ 環 |三陸に仕事を!』 (←クリックしてジャンプします)は三陸町・越喜来の漁網工場でみつかった未使用の漁網を提供してもらい、ミサンガデザイナーや企画担当、地元の浜の「お母さん」達が試行錯誤して生まれました。

手先が器用な方は、網のミサンガ。まだ初心者だから入門編でいい、という恥ずかしがりの女性は、細いミサンガを。という風に避難所でワイワイ楽しくはじまったそうです。
第一次販売は完売ですが、次回は8/11より、全国のショップなどで限定で販売されます。

お品物代金のうち、諸経費を引いた金額が、『浜のお母さん』達の直接の賃金となります。

私がそうでしたが、3.11後、何も手につかず無気力になっていた時に元気づけられたのは『誰かのためにものを作る』という創造的な作業でした。
心をこめて物を作るという事で、私は自分の心も癒されました。「浜のお母さんたち」もきっと、この漁網のミサンガをつくりながら心に落ち着きとゆとり取戻し、さらに「賃金」というやりがいをみつけたと思います。

被災地に仕事と喜びを与えるこのプロジェクト、素敵です。

268391_119394961488383_100002536407

NEWS:  
7/17、東松島市の鳴瀬第一中学校で行われた「築地海鮮祭り・海でつながる人の絆、笑顔の輪」でマイ箸セットが配布されました。

283158_119664328128113_100002536407

こちらのイベント、東京の築地市場の青年会が築地の美味しいものを炊き出しするイベントで、まぐろの漬丼、海鮮やきそば、イカ焼きなどがふるまわれ、同時に地元の歌とめずらしいドラムカフェの踊り、豪華景品が当たるお楽しみ抽選会やじゃんけん大会なども催されました。「ほしかったの~」「ほかのところで渡してました?もらいたかったの~」と今回も大人気でしたとのこと。さらに今週末も別の地区のイベントで配布が予定されています。

東松島市は市町村合併のため、横長に広い市で、以前参加しました復祭(鹿妻地区)、子供祭り(宮戸、野蒜地区)、今回のイベントのあった鳴瀬地区など以前の町村独特の文化があり、(私の個人的な印象ですが)地域住民も『東松島市民』という意識よりもそれぞれの地区の住人の意識が強く残ります。そのため、各地域でちがったかたちの「お祭り」や「イベント」を行っています。

第三次のサプライズバックを贈る場となる8/20の「ありがとう『東松島元気フェスタ』」はそのすべての地区が一つになる大変規模の大きいお祭りとなるそうです

※第三次募集の南三陸町へ贈った暖簾34枚のこと~ママ’sハートプロジェクト※
↓クリックして続きを読む

第三次募集の途中、「南三陸町の仮設にお願いできないでしょうか」と当ブログにコメントいただいたことをご存じの方もいらっしゃると思います。

ご依頼主神奈川のG様はママ’sハートプロジェクトにご協力されている方で、ママ’sが支援を行っている宮城県南三陸町歌津地区の34世帯のために、マイ箸で集めた暖簾を提供してもらえないでしょうか、というお話でした。

マイ箸プロジェクトとしては、もともとパイプのある岩手、ご縁が深くなった東松島と活動の中心にしてまいりましたため、私は南三陸町の歌津地区がどんな場所なのか、復興具合はどうなのか、ライフラインは? なぜ歌津地区世帯限定なの? など、全く知識がなく、突然のリクエストに「全国の皆さんが心をこめて作ってくださったものなので、『はいどうぞ』と安請け合いする訳にはいきません」とお返事いたしました。また、締切になるまで何枚集まるかがわからないこと、34枚と言われても、その枚数きっかりで募集をストップできないことなどもお話いたしました。

しばらくしてG様より、ママ’sハートプロジェクトさんの活動、支援内容、歌津地区の現在の様子などをお知らせいただき、諸々の事情を理解し、仮設住宅入居のタイミングで各世帯に渡される「スターターキット」(主婦の観点からすぐに必要な生活グッズを詰め合わせたセット)のアイテムのひとつにという事で、お引き受けした次第です。

南三陸町歌津地区のご紹介とママ’sハートプロジェクトの活動内容のご紹介(要約)

支援している地区は、宮城県本吉郡南三陸町歌津の名足(なたり)地区。(震災では、やはり津波が最大の被災で、海岸から内陸に数キロは津波が来て、港・町・橋・線路などほぼ壊滅状態)ママ’さんが支援されているのは、行政からの物資支給が全くない自宅避難(自宅が無被害、半壊だが修理して住める)の25世帯110人。
名足地区のライフライン状況は、プロパンガス・電気(5月末に通電)・水道(6月に通ったが飲める水ではなく生活用水専用。飲料水は現在もペットボトルに頼る)という状況で、食料などの買物は、町にはスーパーなどは無い為、週1の買物バスで気仙沼に行くか、残った車に乗り合いで出掛けるのみだそうです。

<ママ’sの支援内容>
基本は、NPO団体やお店などの協力を取り付けたり、個人の持ち寄りを生かした、出費を抑えた物資支援が中心。その他は、現地付近(登米市)の米農家よりの米支援、炊き出し支援の橋渡し、などをされています。
仮設入居時には、名足地区34戸分のスターターキットを揃え、入居時にお渡しするため、現在準備中です。スターターキット内容は、赤十字からの家電一式とNPOワールドビジョン様からの生活用品49点に加え、ママ’sからも台所用品・生活用品中心に47点を追加、そこにマイ箸からの暖簾セットが追加されることになりました

贈りました暖簾は、7/23日に現地の入居世帯にお渡しして、8/6日(予定)に我々が再度現地にママ’sの主催者様が現地入りして、取り付け後のお写真など、レポートしてくださることになっております。

暖簾34枚ですが、何枚かに製作者様のメッセージが入っておりました。その旨お伝えしたところ、歌津地区の34世帯は「とにかく平等」でないとダメとの事でしたので、急きょメッセージなしの暖簾には新潟のO様がサプライズの中身にと提供してくださった『フクロウ(不苦労)』と「招き猫」のメッセージつきマスコットを同封し、メッセージを入れてくださってあった暖簾には群馬県のT様が提供くださったラベンダーのアロマスティックをおまけとして同封しまして、全34枚『おまけ&メッセージつき』として発送いたしました。

暖簾ポール代として皆様からお預かりした3400円をポールまたはカーテンクリップ購入費用として添えて経由地であるママ’sプロジェクトさんの所へ一緒に送ってあります。

« 第三次募集終了、ありがとうございました! | トップページ | 石巻市雄勝町&岩手・野田村より… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この度は、支援者G様の橋渡しにより、我々が用意しましたスターターキットに暖簾を世帯分つけて頂きたいという要望に応えてくださり、心から感謝いたしますm(__)m
心のこもった手作りの暖簾を受け取らせた時、正直感動いたしました。
おまけなどもたくさんつけてくれたこと、嬉しく思うと同時に、上記に書かれていらっしゃいますお手数をおかけしたこと、なんとも言葉もありません。
ありがとうございました!
仮設住宅に入居される方は、様々な事情を抱えた方達ばかりです。
我々のスターターキットは、せめて生活に役立つものを揃えてあげたい気持ちで計画しましたが、まさか暖簾まで仮設の方にお渡しできるとは当初思ってもいませんでした。
この素晴らしい活動が被災地の方のために続けられることを願っております。
私は、微力ながらいましばらく南三陸町歌津に関わってまいります。
この場を借りまして、暖簾をご提供くださった皆様、この度はご協力いただき、本当にありがとうございましたm(__)m

今回、歌津地区に暖簾をご都合くださり、ありがとうございました。
zaziechan様にお礼申し上げると供に、暖簾やオマケのマスコットやラベンダースティックを作ってくださった皆様にも、心からのお礼を申しあげます。
暖簾が届きます名足地区は、テレビ等で映る歌津の中心地区からは離れた場所で、まだまだ復興には遠い様相ですが、本来ならば美しい海と美味しい海産物に恵まれた小さな町です。
一部の家には先日やっと電話回線が通ったそうですので、マイ箸様のブログも知ってもらえると思います。
このような支援に巡り会え受け入れていただけたことに、心から感謝いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497248/40865648

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせとNEWS:

« 第三次募集終了、ありがとうございました! | トップページ | 石巻市雄勝町&岩手・野田村より… »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ