« クリスマス&新年企画:募集要項決定しました | トップページ | 毛糸単品募集のお知らせと女川マフラー企画のご報告(11/7追記あり) »

2011年10月28日 (金)

クリスマス企画のご報告と色々なプロジェクトのご紹介

ただ今「クリスマス&新年の縁起物企画」の準備期間です。

アイテム受付期間:11/17~25日の消印有効 発送は11/30を予定

募集アイテム詳細は→10/17のブログをご覧ください。

※今までに問い合わせいただいたご質問をおまとめさせていただきます※

Q:冬のお楽しみグッズはどんなものがいいのでしょうか
A:ご自分の趣味を「ギュっ」と凝縮したようなものをイメージしてください。
例えば…毛糸2玉と編み図、編み棒のセット。消しゴムハンコを作るセット。折り紙と折図のセット。ビーズのアクセサリーを作るのに必要なパーツのセット。必要な形にカットした布とパッチワークのアイテムの作り方と糸のセット。フェルトのマスコットを作るセット。編みぐるみを作るセット。レンジで作るカップケーキのレシピとカップケーキ型のセット。クロスワードの問題集と鉛筆のセット。初挑戦の人も気軽に挑戦できるようなものが喜ばれると思います。被災地の冬は長く、今は外で野菜を作ったりして暇をつぶしている中年、高齢者の方々もこれからはずっとお家に籠ることになります。何かに没頭したり集中したりして楽しく時間を過ごしていただけたら嬉しいですよね。男性向けの将棋や囲碁も(中古可)募集しております。詰将棋の問題集などもOKです。


Q:「新年の縁起物」のメッセージを「鶴」に書くというのはどうなりましたか?
A:あまりにも書くスペースが小さいため、特に統一のルールを設けるのをやめました。
縁起物の由来を知らない方も多いので、そちらを一言書いていただきたいと思います。
もちろん、メッセージとは別に折鶴を添えていただくのは自由です。

Q:締め切りを過ぎたあと、送ってもいいでしょうか?
浜松チーム→http://breath-mind-keepbalance.blogspot.com/2011/09/915.html
に掲載されている現在募集中のアイテムの場合、管理人(埼玉)を経由せず、岩手の窓口へ直送していただくことが可能です。中古可、中古不可など、アイテムによって異なりますので、ご注意ください。
個人支援物資として、複数のアイテムを同梱して送っていただいても少量でもOKです。ただし、個人支援の物資を送るに当たり、現地の仕分けスタッフの手間を軽減するため、梱包時にいくつかのお願いをしております。発送先(岩手窓口)のご案内と合わせて浜松チームの管理人M様までご連絡いただければ幸いです。
(1.2日の締切オーバーであれば、管理人にご一報いただければマイ箸の箱を開けて荷物の到着を待てます)
 

Q:募集アイテムにつけるメッセージはクリスマスを意識したものの方がよいでしょうか?
A:基本的のお任せします。配布は12月上旬から中旬で、当方で行いますラッピングは新年の縁起物を除き、「クリスマスっぽい雰囲気」のラッピングにする予定です。

Q:次回の募集アイテムは決まっていますか?
A:マイ箸は3.11をひとつの活動の区切りと考えています。次回は2月に最後の活動を行う予定です。
今の所、決まっているのは「春撒きのお花の種にお手紙を添えて」です。次の夏にむけてのグリーンカーテン用の朝顔の種、ふうせんかずら、ひまわり、日日草などお家のお庭に咲いているお花の種、お家でつくるハーブの種やプランターでも作れるお野菜の種でもOKです。

ハンドメイドのアイテムに関しては、現地のニーズがまだわからない&地元の小売店のお邪魔にならないものをと現在調査中です。

****************************************************************************

以前より「三陸に仕事を!浜のミサンガ環」をご紹介して参りましたが、現在までに作られたミサンガの数は36341セット(完売です!)。253人の作り手さんに合計20,932,416円の賃金が支払われました。

 

プロジェクトのご紹介動画はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=sfSmUX1hnac

 

最近は各自治体でも作り手さんの直接の収入源となる手仕事のプロジェクトが増えてまいりました。

気仙沼ボランティアネットワーク聖敬会様もそんな作り手さんの直接収入になるようなプロジェクトを立ち上げていらっしゃる団体の一つ。
こちらは気仙沼の女性陣が漁網ではなく、全国から寄付された刺繍糸を使って製作されています。(現在もボランティアプラットホームでミサンガに使う刺繍糸の寄付を受け付けていらっしゃいます。お手持ちに眠っている刺繍糸がありましたら是非ご提供ください)
ミサンガの販売はもちろん、バザーや催事などでの委託販売先も探していらっしゃいます。

大槌刺し子プロジェクト
大槌の町の鳥「かもめ」をモチーフにした刺し子のふきんとコースターの販売です。
アマゾンでも購入できるのでご存じの方も多いかもしれません。こちらもイベントなどでの委託販売先を探されてるようです。

作ることは喜びとなり、それが現金収入になる。
今一番被災地の女性や高齢者の間で求められていることかもしれません。
籠ることが多くなる冬場、時間を持て余すことなく、こういった手仕事が「生きがい」になればいいですよね。

 

« クリスマス&新年企画:募集要項決定しました | トップページ | 毛糸単品募集のお知らせと女川マフラー企画のご報告(11/7追記あり) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>けいこ@品川さま
コメントありがとうございました(*^_^*)

朝顔、ちょうど来年のグリーンカーテンで使っていただけますね!

>よくある、売ってる種の袋くらいの大きさの紙袋に
>数十個入れる感じでいいでしょうか?
はい、そのようにお願いします。
お暇がある時に、袋に朝顔の絵を描いていただいたり、
簡単な育て方を描いていただければ最高だと思います。
よろしくお願いいたします!

zaziechanさま
マフラー発送の際、メールでクリスマス新年企画についておうかがいした件、
丁寧にアドバイスいただきましてありがとうございました。
しばらく留守にしていたこととPC不調が重なり、
今頃になって大変申し訳ありません。

アサガオの種はたくさんあるので、お役にたったらすごくうれしいです。
よくある、売ってる種の袋くらいの大きさの紙袋に
数十個入れる感じでいいでしょうか?
ちょうど収穫(?)したところなので、準備していきたいと思います。

>フレアハート様
はい、現地で触れ合うことができない私たちですが
心がしっかりととどくよう、心を籠めてあと少し頑張りましょう!

小さい子供も大きな大人も、不安でいっぱいで眠れない時、
誰かにトントンと体を叩いて(赤ちゃんがネンネする時にするトントン)もらうと
心が安らいで自然に眠れて心が休まると聞きます。
全国から「トントン」の優しいリズムが届きますように。

最後の支援(2月)のご提案ありがとうございます。
今回の活動での現地の反応を聞いて決めていきたいと思います。

女川マフラー企画に手袋やマフラーを一緒に送ってくださった方がいらっしゃいましたので
それら防寒具と、見本で埼玉のO様がパックしてくださったマフラーの「お楽しみセット」を
10月末に岩手へ2箱ほどお贈りしたのですが、
お楽しみセットの反応がものすごくよくて、長い冬を籠って過ごされる女性陣には
『時間もつぶせ、つくるのも楽しく、実用的!』とかなりの評判です。

ですので、縁起物や開運系の小物も「完成見本品を1つと素材と作り方をセットにして贈るセット」タイプの方が作る楽しさもお届けできていいかもしれませんね。
仮設に引きこもって出てこない方も、「みんなで作るから」とお声を掛け合って
ワイワイ言いながら作ったり…

外部の方が来て、復興祭のようなお祭りや炊き出しをするのも楽しいと思いますが
住民同士の(自主的な)コミュニケーションを促すきっかけみたいに
なれたら嬉しいですよね~

こちらからもリンクしている「てをつなごう だいさくせん」に
槙原敬之さんが歌を作ってくださいましたねnote
こちらで紹介していただいて以来、お送りする各物資に
あの絵を貼って喜んでいただいてますloveletter

本当にはなかなかつなげない手paperではありますが、
歌詞にあるよう「心が温かくなるheart02」支援であるよう、
もう一息、頑張りますbleahxmas

最終支援のハンドメイドに、開運招福・縁起物系を継続してはどうでしょうか?
キーホルダー、根付、お守りサイズの小物なら、
メインのお花tulipの邪魔にならないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497248/42666207

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス企画のご報告と色々なプロジェクトのご紹介:

« クリスマス&新年企画:募集要項決定しました | トップページ | 毛糸単品募集のお知らせと女川マフラー企画のご報告(11/7追記あり) »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ