« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

最終募集のQ&A  &三陸からボランティアレポート(神奈川Mさまより)

マイ箸最後の募集となります。どうぞよろしくお願いいたします。

先発募集期間 1/30~2/7(消印有効) 発送予定日2/10
    受付アイテム:『お雛様』『レッスンバック+上履き入れ』『ポーチ類in種+お手紙』

後発⇒募集期間 2/21~28(消印有効) 発送予定日3/2
    受付アイテム:『レッスンバック+上履き入れ』 『ポーチ類in種+お手紙』

■お雛様(一言メッセージつき)
ちいさなもの。横に並べて20センチ程度(A4)くらいに収まるもの。タペストリーなども可です。原則当方でラッピングいたしますが、壊れやすいものは製作者様の方で壊れないよう梱包していただき、中身がわかるように写真を添えるなどして発送してください。基本的にハンドメイドですが、ハンドメイドの市販品も可とします。(ただし、中古品はお控えください)
  Q:タペストリーを製作する場合、引っかけフックを添えた方がいいでしょうか?
  A:マグネット式もしくは吸盤式のフックを添えていただけるとよいと思います。
 

■レッスンバック+上履き入れ(一言メッセージつき※但し新入学入園以外の方も受け取りますので「入学おめでとう」は避けてください)
昨年手芸協会さんが大募集をしましたが、新入学入園のお子さんだけでなく、中高生、大人の方にもお贈りする予定です。キャラクターなどのお子様柄はお子様の所へ優先的にお渡ししますが、もし新しく布地を購入していただける場合、老若男女色々な方に使っていただけるように、応用の利く布地をチョイスしていただければと思います。サイズは30*40程度、綿の場合は中袋をつけるなどして丈夫に仕上げ、外か中に一か所ポケットをつけてください。
  
Q:子供向きじゃない布地の場合、上履き入れは大きめに作るのですか?
  A:そ
うしていただけるとよいと思います。

■ポーチ類+種&お手紙
バックインバック、ポーチ、巾着など、小物を整理するようなものに、種(野菜、ハーブ、グリーンカーテン、花など春に撒けるもの)といつものメッセージよりも少し長めのメッセージ(手紙)を入れてください。(アイテムの配布時期は3.11前後となります)
種は市販の物でもOKです。ご自宅で採取された種の場合、簡単に育て方を書いていただくとよいと思います。また、うまく発芽しない場合もありますので、少し多めに入ください。

お願い⇒「何の種か」でグループ分けして荷造りします。(1か所に花ばかり、とか野菜ばかりなど偏らないようにするためです)お手数ですが管理人への発送時には何の種かわかるようにメモ書きを添えてください。

**************************************************************************

神奈川県Mさまより~三陸ボランティアレポート

マイ箸初期からお箸、樹脂マグカップ、エコバックのアイテム支援にご協力いただいておりました神奈川県のM様。
マイ箸もお世話になりました
「ボランティアプラットホーム」こちらのサイトでは、支援物資のマッチングの他、ボラバスの情報、ボランティアのマッチングもしています。
力仕事が得意な人、力も体力もないけれど傾聴のスキルがある、など、どれくらいの期間何ができるかをアピールして投稿すると、その人材を必要としている所からオファーが来る、というシステムです。ここに「ボランティアします」と投稿されたM様(以前メールのやり取りでうかがったのですが、M様は阪神淡路の時もボランティア経験があります)。
あるNPOから「来てください」と返信をもらったので参加することになったそうです。
以下、Mさまからのレポートです。

**************************

宮城県でボランティア活動をしてきましたので、レポートします。
活動期間は昨年12月上旬から今月(1月)中旬。

Img_0815最初の仕事は支援物資の搬入と搬出。ここは支援物資の倉庫として使っているある学校の体育館。
おそらくは14tの大型トラックで10台分ほどの物資が集積されている。
そして毎日のように各ボランディア団体がそれぞれの被災地に配るために物資を取りにくる。
一週間もすればこの体育館の物資が全て入れ替わっているくらいにモノが流れている。
その搬入と搬出作業を繰り返した。

物資の運搬は主に台車を使うが、体育館入口の階段付近と、体育館で物資を上に積み上げる作業はどうしても力仕事になる。
最初の頃はまさに体力も気力も尽き果てて倒れそうになるほどだったが、何日かやっているうちに慣れてくる。


支援物資の輸送と配布も何度も行った。

Img_0927そのうちのひとつが東松島。
この写真は東松島の野蒜駅。今でもこのような惨状のままで、鉄道の復旧はその兆しもない。

東松島のある地区は津波で2階の床上まで浸水したが、流されずに済んだ家の約半数くらいには住人の方が住んでいる。
当時は家の中まで泥やガレキが侵入して大変だっただろうが、現在では注意して見ないとわからないくらいに綺麗に直して住んでいる。

この地区では有志のおばさんたちがそれぞれの地区を担当して、支援物資の手配や各家庭への配布作業を率先してやってくださっている。
私も支援物資を積んだトラックを運転し、そのおばさんたちが先導する軽自動車の後をついて各家庭に物資の配布もした。

配布作業はかなり忙しい。
配達先のお宅でお礼を言っていただくこともあるが、そこで世間話をする余裕はほとんどない。もたもたしていると日が暮れてしまって配布し切れなくなる。
声を掛けてもどなたも出て来ないお宅には玄関先に物資を置いて行くだけの場合もある。

支援物資の配布は南三陸町でも行った。

写真は、ニュースでも有名になった防災対策庁舎。

Img_0910付近のガレキは綺麗に取り除かれたが、建物の骨組みはこのように残ったままになっている。

南三陸町では主に小規模仮設住宅を回って支援物資の配布を行った。

現地では、今は物資配布の格差が問題になっている。
大雑把に言えば、大規模仮設住宅ほどモノが豊富で、小規模仮設住宅には少なく、在宅被災者の元へはほとんど何も配布されない。同じ被災者なのに何ももらえない自分たちは無視されていると感じる在宅被災者は少なくない。
単にモノが多いか少ないかの問題ではなく、心の問題と地区間でのいがみ合いにまで発展してしまっている。

我々ボランティアも支援物資の配布においては、その格差を解消する工夫をしなければならない。

Img_0998

Img_0941_2南三陸町のガレキ集積所には蒸気機関車が横たわっていた。
ガレキとして運び込まれたわけではなく、元からこの付近に静態展示されていたものらしい。
それにしても無惨な光景である。

気仙沼市内の惨状もひどい。
ニュースで良く見るように大型漁船が市内に打ち上げられたままになっている。

気仙沼では唐桑町に物資の配送を行った。
唐桑町はリアス式海岸の特徴がよく出ている地形で、高低差が大きい。
海面に近い土地では住宅や漁業関係の施設が流されたが、高いところに建っている住宅は津波被害を免れている。

こちらでは町内をまとめる責任者の方が各世帯への物資配布を全てやってくださるので、我々は集会所に物資を降ろすだけでよかった。
以前は物資の配布会もやったそうだが、どうしても取り合いになってしまい公平性が保てないので、今では集会所で各世帯への物資の小分け作業を行ってから配達するようにしたそうだ。

復興に向けた動きも始まりつつある。
唐桑町では、名産の椿を活用して椿油の商品化に乗り出し始めている。
最大の課題は、椿の実から油を搾るための搾油機が手に入るかどうかだが、これをクリアすれば事業化できる日もそう遠くない。
その搾油機の調達をお手伝いさせていただいている。

Img_1004復興に向けた動きは南三陸町にもある。
そのひとつが南三陸わかめだ。

震災前、南三陸の海岸は長年にわたる漁業の影響もあって海底にはヘドロがたまっていた。
それを除去するために何度も浚渫工事をしたが、あまり効果はなかった。
それが今回の津波により海底までキレイに洗われてしまったのである。

そのために、実はわかめは今年は豊漁だそうだ。

何度か食べさせていただいたが、これほど肉厚でシャキシャキしたわかめは食べたことがない。
生姜を添えたおひたしも美味いし、みそ汁にしても磯の香りが効いて美味かった。しゃぶしゃぶにするのもいいそうだ。生わかめの茶色が、茹で上がると綺麗な緑色に変化するのを目でも楽しめる。

R0015188

R0015192南三陸町の仮設住宅では、奥様たちが集まって「南三陸べっぴんタオル」の商品化にこぎ着けた。
タオルが可愛いドレスに変身している。
全て手縫いだそうだ。

漁業が津波で壊滅的被害を受けたので、少しでも生計を支えたいとがんばっている。

徐々に人気が出始めたのか、100枚単位での注文も来ているらしい。
私も少しでも手伝いたいと思い、楽天のネットショップで取り扱ってもらえるよう交渉したりしている。おそらく近日中には楽天で買えるようになるだろう。たくさん売れるといいなと思う。

Img_1005_2最後の写真は、黒アワビである。

南三陸町の仮設住宅にお住まいのわかめ漁師さんにごちそうになった。
採れたてのこの黒アワビは普通の魚屋か寿司屋にあるアワビとはぜんぜん違う。
こりこりしてはいるが、固過ぎず柔らかい。
身の中心は甘みがあってとろーんとしている。絶品だ。
肝も生臭さが一切無く、とろけるような味わいだ。

都会ではこの味にはお目にかかれないだろう。

被災地では複数の区長さんや自治会長さんらと話をした。

その中で必ず出てくるのは、支援物資の配布も重要だが、もっと重要なのは被災者が経済的に自立すること、つまりカネを稼げるようになることである。
漁業に携わっていた人が元の収入を漁業で得られるように戻るとは限らない。端的に言えば戻らないであろう。
それでもカネを稼いで生計を支えられるようになること。それが復興である。

我々ボランティア側も、そのような復興を支援する方向に活動をシフトしてかなければならない。 <おわり>

********************************

M様は最初はボランティア団体の一員として団体行動でしたが、徐々に単独行動されていらっしゃいます。南三陸べっぴんタオルや元気雑巾、南三陸わかめの販売(世田谷商店街、楽天)、唐桑町向けの搾油機調達などの復興支援活動はM様の個人行動だそうです。
また今週末も個人的に南三陸町~気仙沼市唐桑町へ行かれ、楽天での販売の打ち合わせなどをされてきたそうです。

マイ箸にご参加してくださっている方々は私も含め「何かしたい、でも現地へ行けない」ジレンマを少なからずも抱えていらっしゃる方が多いと思います。M様のように現地へ赴くことができなくても、できる復興支援はたくさんあります。

以前からマイ箸でご紹介している「浜のミサンガ」や「大槌刺し子プロジェクト」、「べっぴんタオル」などをお友達に紹介する、地元のバザーやイベントで代理販売する、支援糸を贈るなど、そういった小さな行動も大きな支援になります。

忘れない事、小さな支援をジンワリと長く続ける事、一人一人がこれからもできるお手伝いです。

 



2012年1月11日 (水)

最終回は2段階方式の募集:先発でお雛様募集します!(1/13追記あり)

昨日の更新で、2月下旬に受付、3月上旬に配布というスケジュールの予定でおりますなんて書いたところだったのですが、昨夜岩手のT様に現場の声をリサーチすべくご相談したところ…

 この間送って頂いた物でとても好評だったのがリースやツリーでした。と、言うことでもしも間に合うなら…「お雛さま」があったら良いな…と、思うのですが…奥さま方が、まるで子供のように喜んで…季節の飾りって、小さくてもあるだけで心が和むのだけど、子どもがいておねだりされれば買えるけど、自分のためにはなかなか買えない妙齢の奥様方が結構いらっしゃるので…。
生活必需品は自分たちも頑張って買うけど和み系の物は、なかなかねぇ~とのこと。

まさにマイ箸お得意の「隙間支援」、即採用となりました。

ただし、上記のスケジュールだと終わった桃の節句後にお届けされる事になってしまいます…という訳で、マイ箸最終回は2段階の募集とさせていただくことにします。

そしてもうひとつ、リクエストがありました。
『レッスンバック&上履き入れ』です。
幼稚園保育所入所時、小学校入学時など子供が使う事はもちろんですが、大人の方にも丈夫で使いやすくありがたい、とのこと。

そして、以前から告知しておりました、「種+お手紙(いつもの一言より少し長めに)」の方は、
ハンドメイドのポーチやバックインバック、(巾着のようなものでもOK)にセットしていただくということでお願いしたいと思います。

スケジュールは以下のようにさせていただきます。

先発⇒ 募集期間 1/30~2/7(消印有効) 発送予定日2/10
     受付アイテム:『お雛様』『レッスンバック+上履き入れ』『ポーチ類in種+お手紙』

後発⇒ 募集期間 2/21~28(消印有効) 発送予定日3/2
     受付アイテム:『レッスンバック+上履き入れ』 『ポーチ類in種+お手紙』

また今の所募集を検討中のアイテムが1.2つあります。こちらは詳細が決定し次第、UPしまして、上記のどちらでも受け付けする予定でおります。

Image_2(1)お雛様(一言メッセージつき)

小さいもの2体並べて横幅20センチ程度に収まるもの。スペースが限られている仮設です。ちょこと飾れて、シーズン終了時の収納に場所をとらないもの。
ハンドメイド限定
(ハンドメイドの市販品は可)とさせていただきます。ハンドメイドであれば素材は問いません。
お雛様ですので、人形として飾れるものが良いと思いますが、パッチワークなどのタペストリータイプもありだと思いますが、やはりあまり大きくないものが好ましいと思います。
壊れやすいものは製作者様の方でクッション梱包してください。そのため外側から中身が見えない場合は、開封しなくてもわかるように写真やイラストを見えるところに添えてください。(写真は管理人個人所有のちりめんで作ったウサギのひな人形。1体幅10センチ程度です。これはハンドメイドの市販品でした)

Image_3これは同じく管理人所有のひな人形です。これは旅先で購入した焼き物なのですが、手のひらサイズです。時間的に焼き物は無理ですが、粘土などで作って乾燥、ニス仕上げというのもありかもしれません。ただし梱包が難しいかなぁ?

(2)レッスンバック&上履き入れ(一言メッセージ入り。新入学入園児童の他、大人の方や中高生に渡る可能性もありますので[入学入園おめでとう]系のメッセージは避けてください。※1/13追記)

ハンドメイド限定。お子さんからお年寄りまで使えるようなデザインのもの。30×40程度のサイズ、適当な大きさのポケットを一つ、表でも中でもいいのでつけてください。布地はおまかせですが、キルティングのような厚手の布地でない場合は、中袋や接着芯などを使って丈夫に仕上げてください。お手持ちの布地の利用でOKですが、もし新たに布地を購入していただける場合は、チェックなどの老若男女が無難に使える布地のご購入をご検討ください。
※どちらかというと女性&女児向けがおおく集まる傾向があります。女性向けは色柄としては男性向けにお渡しできないですが、男性向けの色柄は女性でもOKなものが多いため、よろしくお願いいたします。

また、上履き入れは必ずしもバックと同じ布地でなくても構いません。バックと一緒に持ってチグハグにならなければ(コーディネートできれば)OKです。

(3)ポーチ類 in 種+お手紙(いつものメッセージより少し長めのメッセージ)

種の種類:野菜の種、ハーブの種、夏のグリーンカーテン用の種、春まきのお花の種
球根と苗はご遠慮ください。
種は市販のものやノベルティーのものでもOKです。ご自宅の植物から採取した種の場合は、少し多めに入れ(予備としてです。発芽しない場合もあるため)、撒き時や簡単な栽培方法のメモ書きを入れていただけるといいと思います。
ポーチ類は基本的にハンドメイドでお願いします。(新品のみ既製品でもOK)。イメージはバックのなかの小物をまとめるポーチですが、バックインバック、巾着などでもOKです。

■■お願い■■

 ○管理人までのお荷物発送時に空きスペースがあったら…もしくはクッション代わり入れていただき、ご寄附いただきたいもの⇒ポケットティッシュ、新品の靴下(男女) ※岩手のS様が募集していらっしゃいます。単品1つからOKです。尚、ポケットティッシュは街頭で配られているものでも構いません。もし、簡単に裏の広告の紙が抜けるタイプのものでしたら、抜いていただければ助かります。既に外袋に印字されているタイプのものは、そのままで構いません。(※1/13追記箇所)

 ○今回は最終回ということで、送料募金の繰り越しができませんので、送料のご寄附はお呼びかけいたしません前回の繰越金のほか、札幌のWさまより次回の送料としてと前回の募集締め切り後に5000円の切手をお預かりしております。そちらを使わせていただきます。

 募集アイテム以外のものは受け付けません
募集アイテム以外のものを送っていただきますと、新たに受取先を探さなくてはならなかったり保管場所を確保しなくてはならなかったりと、個人が自宅で仕分け梱包している関係でとても手間がかかる場合が多いのです。なるべく作業を単純化したいと思います。ご協力ください。

 ○基本的にハンドメイド限定ですが、一部新品に限り市販品OKのアイテムもありますので、それぞれのアイテム別詳細をご覧ください。また再利用の古布などをお使いになる場合、一度お洗濯いただいた上、経年劣化の痛みやシミなどがないか確認ください。

『ひとり1つ 五人で5つ』をモットーにしております。
当プロジェクトは「支援物資ではなく、メッセージと一緒に贈り物を贈る」プロジェクトです。
沢山のアイテムを大量に作っていただく必要はありません。思いを北に寄せ復興を祈りながら、心を籠めて手仕事をしていただく。これが「被災地を忘れない」という私たちの一番大切な仕事になります
そしてその思いは受け取った方に必ず伝わります。
マイ箸プロジェクトとしての最後の活動になります。どうぞよろしくお願いいたします。

2012年1月10日 (火)

お葉書とお写真が届きました

12/30のブログでご報告しました、岩手のS様がお届けくださったあったかグッズ。
お届け先の
宮城県本吉郡南三陸町「平成の森テニスコート仮設住宅」自治会代表の
W様より、マイ箸プロジェクト宛てにお葉書をいただきましたので
皆様とシェアしたいと思います。

Image_1そしてもうひとつ、宮城県東松島市のTM様の所に矢元西保育所の子供達からサンタの靴下とクリスマスグッズのお礼のカードが届いたという事で、写メが届きましたのでシェアさせていただきます。

___3

(すみませんいただいた画像が小さくてあまりきれいにご覧いただけないようです…)

下の写真はみんなそれぞれに受け取ったサンタの靴下を持ってくれています。

__higashimatushima01

さて、そろそろ次回最終回の募集要項をまとめなくてはいけない時期になってまいりました。以前から予告しておりました通り、「種+お手紙(お手紙と言ってもいつもより少し長めのメッセージです)」が決定しているということで、ご準備いただければと思います。

しばしば現地入りされている方に相談したところ、「お野菜やお花は、好きな人は本当に好きみたいです。仮設住宅でも家の周りにプランタをいっぱい置いて育ててる人たちもいます。お野菜は、特に夏野菜は東北でも育てやすいから人気だと聞きました」とのこと。

種の種類ですが、今の所以下のような種類のものを考えています。
 
 
  野菜の種、夏のグリーンカーテン用の種、ハーブの種、
  お花の種
(手入れに酷く手間や知識が必要な物は避けて)
尚、球根や苗は募集から発送、配布までの間の管理が難しいためご遠慮いただきます。

ここで少し考えたいことが…

「種+手紙」単品でお贈りするのはマイ箸としてはなんとなく寂しい。

という事で、入れ物になる何かを作っていただき…と考えております。
このあたり、もう少しリサーチをして正式に告知したいと思います。

(1月末から順次募集アイテムの要項をUPしていき、2月下旬に受付、3月上旬に配布というスケジュールの予定でおります。)

またクリスマス企画の時にご寄附いただいた1932円分の切手ですが、こちらは次回の企画の送料として使わせていただくことにいたしました。繰り越し、という事でご了承いただければと思います。


Gazo



___2


2012年1月 6日 (金)

女川クリスマス会のレポート

あけましておめでとうございます。

マイ箸としての活動はラスト1回になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
※企画は1月中にUPする予定です。

『詳細はまだ頭の中』ですが、マイ箸の看板を書き換えて
少し違った形で三陸を応援していきたいと思っております。
いづれ皆様にご報告できるかと思います。

細く長く。
無理をせず、できることを少しずつ。

続けていきます。

さてさて。
ひとつ皆様にご注意をお呼びかけしたいと思います。
最近、コメント欄のURLを利用して、他のサイトへのジャンプを仕込んだ
マイ箸プロジェクトとは無関係なサイトへの誘導が多発
しております
コメント欄のURLには安易にジャンプなさらないようお気を付けください。
フィッシングサイトなど悪質なURLの場合もあります。

ブログ本文の中の『クリックしてジャンプ』の部分は管理人がリンクしておりますので
問題ございません。

※気が付いた場合、即座に削除しておりますが、ココログの反映が間に合わず数時間コメントが残っている場合もございます。
※本日も同様のコメントが入りましたので、23時より、コメントを承認制に変更いたしました。コメント入れてくださった場合、まず管理人に通知が入り、管理人がコメント内容を確認したのち許可したもののみ公開される設定にしました。コメントくださった方にはすぐに表示反映されないため、ご迷惑をおかけしますが、安全性のためにご協力ください。
※本文なし、タイトルとURLのみのコメントは、タイトルが震災や支援関係のものであっても、無条件に削除(スパムとして報告します)します。

************************************************

『おちゃっこ隊』さんが12/24桐ヶ崎地区仮設住宅でクリスマス会を開きました。
⇒詳細記事はおちゃっこ隊さんのブログでどうぞ(クリックしてジャンプ)

マイ箸プロジェクトは11月に募集しましたアイテムのうち、お楽しみセット31点、新年を祝う縁起物10点、防寒グッズ(マフラー以外主に男性向け)19点に加え、1点、先日のブログでご紹介しました女児用スペシャルクリスマスプレゼントをご用意させていただきました。

以下Y様からのメールを一部そのままご紹介します。

******おちゃっこ隊Y様よりマイ箸プロジェクトへのメール******

24日に無事に女川の仮設住宅でクリスマス会ができました。

ケーキのデコレーション(といっても、ロールケーキにクリーム塗って飾り付けた感じですが)をして、お茶っこをして、最後にメインの抽選会をやりました。

抽選会のプレゼントに、皆さんとっても喜んでくれました。
本当にどうもありがとうございます。

小学生の女の子は、ちょうど親戚のお家に出かけていて、
会うことができなかったのです。。。(泣)

抽選会は、写真に写っている赤い袋に三角クジを入れていました。袋は友達が持って来てくれたもので、表側はサンタさんになっていてとってもかわいかったのですが、写っているのは全て後ろ側で。。。

クジは、「お楽しみキット」「あったかグッズ」「縁起物飾り」といった大きなグループ(大当たりも作りました)で分けて、当たったカテゴリーの中から、好きなものを選んでもらう形でやりました

122403

お父さん達はお茶で帰ってしまったので、お母さん達が家族の分まで引いていました。
(抽選券は一番最初にお声がけでお宅を回った時に、世帯の人数分をお渡ししています。)

おちゃっこ隊としては、そろそろイベントのフェーズを終えて、次回はお餅つきで行くので、その時にお話しながら、彼らが興味があるか、作るとしたらどんなものがいいかなどの希望を聞いてみようと思っています。

122402もの作りのワークショップなどができないかと思っています。
(もともとそっちの方がやりたい気持ちが大きかったのですが、まずはきっかけとしてイベントという形を取っていました)

 もしワークショップが決まった時には、マイ箸さんのお力を
またお借りできますと嬉しいです。

122404_5

122407_4

122407_2

***********************************

『お楽しみセット』で、ものつくりの楽しさを思い出して、有意義な空き時間を過ごしていただけたら嬉しいですよね。
ワークショップが決定した時には、素材支援という形で何かしらの手伝いできたらなぁと思っております。

またその折にはブログを通して皆様にお呼びかけするかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ