« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

10月の女川マフラー企画の写真をシェアいたします

2011年9-10月に募集しました『女川マフラー企画』のお写真をいただきました

(随分前の話でスミマセン!先日いただいたものです)

昨年9月~10月にかけて募集しました女川マフラー企画ですが、
以前ブログでご紹介しました通り、ハンドメイドのものは女川桐ケ崎仮設住宅の皆様と
気仙沼の小泉地区の仮設住宅の皆様へお届けいただきました。

USED分は仙台宮城野中野キリンビール工場で被災されたフィリピン人グループの皆さんに
お届けしましたというご報告を11月5日のブログ(クリックしてジャンプ)で
いたしましたが、その時のお写真をいただくことができました。

P1000904_2この震災で被害を受けた工場の多くの外国人は自国に帰国しましたが、このフィリピン人グループの皆さんは、他にももっと頑張ってる日本人が沢山いるから、ととどまることを決め、復興のため力を貸してくださいました。

彼女たちが宮城県大崎市の鳴子温泉に来た日は少し肌寒く、マフラーは薄着だった彼女たちへのサプライズの贈り物となり、とても喜んでもらえたそうです。
争奪戦(?)の様子がすごくいいですね。

集合写真を撮るときには、彼女たちが自主的に「みんなマフラー巻いて!準備はいい?」と言って全員がマフラーを巻いての記念撮影となったそうです。

P1000906_3さて、マイ箸最後の企画『ポーチin種』を30を女川桐ケ崎住宅の皆様へ3/24にお届けする予定だったのですが、当方からの宅配便が到着する日は前日から結構な積雪があり、荷物を受け取ってくださる予定だったお茶っこ隊の現地コーディネーターさんが荷受けの時間帯に除雪作業をしており、荷物を受け取りそびれてしまったので、次回の活動時にお届けしますとご連絡をいただきました。

ちなみに3/24のおちゃっこ隊さんの活動は「タイルを使って表札づくりに挑戦」だったそうです。

仮設の皆さんも月1のイベントを楽しみにしてることと思います。今年は積雪が多く、とても3月に撒ける状況ではないようですので、むしろ4月の配布でちょうどよかったのかもしれませんね。

では本日はこの辺で…

2012年3月12日 (月)

久慈のT様より

昨日あの大震災からちょうど一年。
皆様、どのように過ごされたでしょうか。

実はワタクシ、この数日、一年前の事を思いだしたり、自分が3.11をどう過ごしたらいいか
と悩むところがあり、とても沈んでおりました。

結局私はいつも通りの週末を「なんでもない日をありがとう」と思いながら過ごすことにしました。

朝ごはんのおにぎりとお味噌汁が美味しかった、ありがとう。
お天気が良くて洗濯物が沢山干せた、ありがとう。
娘の鼻風邪が治った、ありがとう。

そして、ありがとうと思うたびに心の中で手を合わせて過ごすことにしました。


我が家は週末、息子の少年野球のためグラウンドに行くのですが、
昨日は監督、コーチ陣の他、普段来ないような中高生、20代30代のOB、
保護者も含め30名以上がきて賑わっておりました。(ちなみに部員は14名です)


どうしちゃったの? 何があったの??というくらいの人数です。
子供達に混じって子供より数の多い大人が、一緒になってキャッチボールをしたりしていました。

皆さんとお話ししていてわかったのですが、今日3.11は“人がいるところに居たい気分だった”と。
そして14時46分、グラウンドに整列し皆で黙祷を捧げました。

不安な時は誰だって繋がっていたいし、知らない誰かでもいいから側にいて欲しいものなのです。
マイ箸がお届けしたメッセージは…その役割を果たせたよね?

なんて考えておりましたら、久慈のT様より、マイ箸の皆様へメールが届きました

シェアさせていただきますね。

Kuji_1_2以下メールよりコピペ******************************

あの日から一年。
昨日は各地で鎮魂の慰霊祭やキャンドルナイト等のイベントが行われました。

瓦礫…(と、言うには住処を一瞬にして失った方々にとって辛い言葉ですが)は殆どが集積され、土台さえも無くなった更地に小さな瓶に生けられたお花が所々におかれ、その前で一人、手を合わせている方々を見た時、胸が締め付けられるような、心の底からの悲しみ…
涙が止まりませんでした。


かつて、一緒にその場所で暮らしていたであろうご家族を亡くされた方の悲しみには
到底及ぶ事の無いものではありますが、
一年を経て涙が止まらないほどの悲しみを覚えています。

きっと、この一年、私自身はOさん
(※管理人のこと)を始め、
マイ箸プロジェクトに集結した沢山の方々の温かいご支援に支えられていたのでしょうね。

支援物資と一緒に皆さんの「温かい心」をお届けする事で
私自身が一番救われていたのだと、改めて感謝しています。

毎日「ありがとうございます」と言う言葉に包まれて、一年を過ごせた事が
私にとっての支えであり、救いだったのだと気づかせていただきました。

沢山の方々に、被災された方々は勿論、
私自身まで支えて頂いた事は、
災害の記憶と共に決して忘れる事の無い大切な宝物です。

P10106011本日は、私共の地域にとっては春が来るためのお約束ともいうような大雪が降り、午前中は除雪作業をしていました。

昨年の3月12日がこのようなお天気では無くて本当に良かった…。

昨夜からの積雪が未だ止まず、只今50㎝を越えた所です。
同じ東北でも豪雪地帯の方々からすれば、鼻で笑われそうな少なさですが、
太平洋側で殆ど積雪が無い地方なので、この春の大雪はなかなかに大変です。
気温も高くなってくる時期なので2~3日もすれば半分以下になるのですが、
今、活動するためにはやはり除雪しないと…うーん、頑張りますっ!

 

***********************************************************************

 

本日はこの辺で…

 

明日は岩手のS様に靴下とポケットティッシュを発送してまいります。
女川への“ポーチin種”の発送は、次回のおちゃっこ隊さまの活動に合わせ、
3/20頃の予定となっております。

2012年3月 7日 (水)

最終企画発送完了いたしました

2011年4月に始動したマイ箸プロジェクトの「隙間支援」
(ネーミングは浜松チームのM様。素晴らしいセンスです)

本日3/7に、久慈市のT様経由で野田村へお送りいたしました。

Image_4内訳は…

レッスンバック+シューズバック 128点
(内訳:男児用30、女児用30、老若男女兼用68)

ポーチin種 234点
(野菜80、花90、グリーンカーテン64。プラス種のみのご寄附約150袋)

靴下38、ポケットティッシュ180

※ポーチin種30(各種10づつ)と靴下&ティッシュは
現在先方の日時指定のご連絡を待っておりますので、1.2日中に発送完了いたします。


近日、また先方より配布の報告がきましたら、ご紹介させていただきます。
取り急ぎ発送のご報告まで。

**********************************************************************

Image_5茨城県のH様

夏の企画で「のれん」を告知した時には、『以前の阪神淡路の時に仮設住宅で暖簾が大人気だったと聞いていたので、次はくるかなと暖簾用の布をとっておきました』とおっしゃってくださったH様。H様の暖簾はママ’sハートプロジェクトさん経由で歌津へお嫁入りしました。

Image_7_2神奈川県のK様

お子さん二人が受験生という大変な状況で、チクチク製作してくださいました。
『普通の主婦が、好きなことを生かして支援活動に参加できてよかった』とおっしゃってくださったK様。

Image_11栃木県K様

『思い起こせば最悪に近い不幸な出来事の中でも、マイ箸との縁が得られてよかった』と。。。
体調が悪い中、ご参加くださってありがとうございました。

**************************

皆様、最後まで製作にご協力いただきありがとうございました。

私宛のねぎらいのお手紙をくださった方、「もしまた何かお手伝いできることがあったら連絡ください」と言ってくださった方…


皆様と一緒に活動できて、どれだけ心強かったことでしょう。

『もう支援はいらないよ』そういってもらえることは喜ばしい事なのに、ちょっと寂しい気持ちになっている私。

そうなんです。
寂しいんです。
皆さんとは一緒に3.11から活動してきた仲間ですから。

でもね、これからは友達、です。
友は普段離れていても、必要な時にはそっと寄り添うものなのです。
「マイ箸」という畑には全国に根っこが繋がった沢山の友達がいます。


皆さんも、何か個人でできることがあったら、教えてください。
この場でシェアしていきましょう。
マイ箸の活動が終わっても、三陸の復興支援はまだまだ続きます。


夏前に私は念願の野田村訪問へ行ってきます。
マイ箸の番外編…ハンドメイドのアイテムたちのその後を皆様にお伝えできたらなーと
思います。

0002*****************************************
※写真は宮古市田老の避難所

2011年4月

『ゴミの収集がままならない避難所のゴミを減らすために、使い捨ての割り箸や紙コップの代りになるマイ箸とマグカップを贈ろう』というところから始まったマイ箸プロジェクト。

箸じゃお腹いっぱいにならない、箸なんか送ってどうする、食べ物を集めて送れ、とか、結構文句のメールも舞い込んできていました。 夏、お盆過ぎに避難所から仮設への移動が本格的になると、マイ箸、マグカップ、エコバックの需要が、暖簾、枕カバー、エプロンなどの生活雑貨の需要にかわりました。
そのころには「物はいらないから仕事をくれ」「ものを送るから働く気が起きないんだ」という叫びに近いメールが何本か舞い込んできて、このままマイ箸のハンドメイドアイテム支援の活動を続けるべきか、相当悩みました。

でもいつも心にあったのは、マイ箸プロジェクトの目的は支援物資ではない「被災地の外の人間は忘れてなんかいない、今も三陸を見守って応援しているよ」というメッセージを発信することという事です。

大量に物資を集める事は企業に呼びかけたり、マスコミに呼び掛けてもらえば案外簡単なことかもしれません。でもマイ箸がやりたかったのは「心のこもったメッセージと贈り物を届けること」。


共感してくださった方々は南は沖縄から北は北海道網走まで、
海外はチェコ在住のハンドメイド好きな女性たち。
延べ人数にして約700名。

感謝、ただただ感謝。

Image_6_3

Image_6

2012年3月 5日 (月)

瓦Re:KEY HOLDERのご紹介

3/5本日、マイ箸最後の募集の最終日(本日の消印有効)です。
皆様よろしくお願いいたします。

*******************************************************

瓦Re:KEY HOLDER のご紹介

被災地に残されている沢山の瓦礫。
広域処理も進まず、まだまだ処理されず大量に残されています。
そんな瓦礫の中からカラフルでポップな、光る素材を見つけ出し洗浄し
1つずつ角を落としキーホルダーとして生まれ変わらせる仕事をしているのは、

陸前高田で職を失った主婦年代の方々と障がいのある方達の集まる
福祉作業所の皆さんです。

詳細はこちらhttp://11shokunin.com/keyholder/

Key02このキーホルダーの存在を知ったのは、以前からマイ箸プロジェクトでご紹介しています「浜のミサンガ」 (クリックしてHPにジャンプ)の新色が出たということで購入しようと訪れた、購入サイトでした。

以前はネットでの通販が1箇所しかなかったのです
が、最近は楽天の東北の酒屋さんから購入することができます。こちらの酒屋さんでは他にも大槌刺し子プロジェクトさんのコースターやTシャツなども購入可能です。

この瓦Re:KEY HOLDER…陸前高田の愛称である「RIKUTAKA」(地元の方々は陸前高田を略してこうよぶんだそうです)という印が押してあるだけのシンプルな物。

2枚目のお写真を見てわかるでしょうか。。。

1つ1つ形状も色も厚さも違うプラスチック片。
無数の傷がついたままなのです。


生活用品だったのでしょうか。
子供の玩具だったのでしょうか。

それは明らかに「一瞬にして切り取られた誰かの日常のかけら」


どこにでもあるごく普通のプラスチックなのですが、

手に取ると一瞬にしてあの3.11の映像がフラッシュバックしてきます。
私はその傷を眺め指で撫でているうちにこみあげてきて大号泣でした。

でもこのキーホルダー…キャッチフレーズ「ネガティブからポジティブな光を」です。

このキーホルダーがもし100万個売れれば、陸前高田の瓦礫が1トン処理されたことになるんだそうです。
もちろんそれは不可能な数字なのかもしれません。


瓦礫の山から、使えそうな素材を分別し、掘り起こしている皆さんにとっては、
先の見えない瓦礫処理を自分たちの手で少しずつ進めている実感も
少なからずあるのではないでしょうか。
なかなか進まない瓦礫処理問題ですが、
こういった形でアイテムとして購入するお手伝いなら私たちでもできるなと思います。

Key01************************************************

さて、現在最後の募集を受付中でございますが、今回、礼服の件では数日の間に募集、打ち切りのお知らせと慌ただしく告知してしまい申し訳ありませんでした。

今回はマイ箸プロジェクトともずっとご縁のある東松島市の元気フェスタの関係者の皆様が立ち上げた礼服プロジェクトでしたので、マイ箸としてもご協力したいと申し出、告知した次第ですが、たった3日のうちに遠く海を越え、日本全国、また海外からもたくさんの礼服の支援が入り、あっという間に大量に集まったとのことでした。

ご用意してくださっていた方々も沢山いらっしゃったと思います。主催者にかわり、お礼とお詫びをいたします。

************************************************

連日、沢山のアイテムが集まってきております。
また近日中にご報告させていただきますね。

2012022911510000_6

120217_143701_6

120217_143701_5

2012022911510000_3

2012022911510000

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ