« 最終企画発送完了いたしました | トップページ | 10月の女川マフラー企画の写真をシェアいたします »

2012年3月12日 (月)

久慈のT様より

昨日あの大震災からちょうど一年。
皆様、どのように過ごされたでしょうか。

実はワタクシ、この数日、一年前の事を思いだしたり、自分が3.11をどう過ごしたらいいか
と悩むところがあり、とても沈んでおりました。

結局私はいつも通りの週末を「なんでもない日をありがとう」と思いながら過ごすことにしました。

朝ごはんのおにぎりとお味噌汁が美味しかった、ありがとう。
お天気が良くて洗濯物が沢山干せた、ありがとう。
娘の鼻風邪が治った、ありがとう。

そして、ありがとうと思うたびに心の中で手を合わせて過ごすことにしました。


我が家は週末、息子の少年野球のためグラウンドに行くのですが、
昨日は監督、コーチ陣の他、普段来ないような中高生、20代30代のOB、
保護者も含め30名以上がきて賑わっておりました。(ちなみに部員は14名です)


どうしちゃったの? 何があったの??というくらいの人数です。
子供達に混じって子供より数の多い大人が、一緒になってキャッチボールをしたりしていました。

皆さんとお話ししていてわかったのですが、今日3.11は“人がいるところに居たい気分だった”と。
そして14時46分、グラウンドに整列し皆で黙祷を捧げました。

不安な時は誰だって繋がっていたいし、知らない誰かでもいいから側にいて欲しいものなのです。
マイ箸がお届けしたメッセージは…その役割を果たせたよね?

なんて考えておりましたら、久慈のT様より、マイ箸の皆様へメールが届きました

シェアさせていただきますね。

Kuji_1_2以下メールよりコピペ******************************

あの日から一年。
昨日は各地で鎮魂の慰霊祭やキャンドルナイト等のイベントが行われました。

瓦礫…(と、言うには住処を一瞬にして失った方々にとって辛い言葉ですが)は殆どが集積され、土台さえも無くなった更地に小さな瓶に生けられたお花が所々におかれ、その前で一人、手を合わせている方々を見た時、胸が締め付けられるような、心の底からの悲しみ…
涙が止まりませんでした。


かつて、一緒にその場所で暮らしていたであろうご家族を亡くされた方の悲しみには
到底及ぶ事の無いものではありますが、
一年を経て涙が止まらないほどの悲しみを覚えています。

きっと、この一年、私自身はOさん
(※管理人のこと)を始め、
マイ箸プロジェクトに集結した沢山の方々の温かいご支援に支えられていたのでしょうね。

支援物資と一緒に皆さんの「温かい心」をお届けする事で
私自身が一番救われていたのだと、改めて感謝しています。

毎日「ありがとうございます」と言う言葉に包まれて、一年を過ごせた事が
私にとっての支えであり、救いだったのだと気づかせていただきました。

沢山の方々に、被災された方々は勿論、
私自身まで支えて頂いた事は、
災害の記憶と共に決して忘れる事の無い大切な宝物です。

P10106011本日は、私共の地域にとっては春が来るためのお約束ともいうような大雪が降り、午前中は除雪作業をしていました。

昨年の3月12日がこのようなお天気では無くて本当に良かった…。

昨夜からの積雪が未だ止まず、只今50㎝を越えた所です。
同じ東北でも豪雪地帯の方々からすれば、鼻で笑われそうな少なさですが、
太平洋側で殆ど積雪が無い地方なので、この春の大雪はなかなかに大変です。
気温も高くなってくる時期なので2~3日もすれば半分以下になるのですが、
今、活動するためにはやはり除雪しないと…うーん、頑張りますっ!

 

***********************************************************************

 

本日はこの辺で…

 

明日は岩手のS様に靴下とポケットティッシュを発送してまいります。
女川への“ポーチin種”の発送は、次回のおちゃっこ隊さまの活動に合わせ、
3/20頃の予定となっております。

« 最終企画発送完了いたしました | トップページ | 10月の女川マフラー企画の写真をシェアいたします »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

管理人様、皆様へのお礼の言葉を掲載して下さってありがとうございます。
管理人様の呼びかけに応じて下さった皆様、本当にありがとうございます。
これからは、一年間、私たち被災地に住む者たちを思い、支えて下さった事を、
震災の記憶とともに心に刻み、日常の暮らしを営んでまいります。
私自身、被災された方々のすぐお側に居ながら、個人の力では微力すぎて何も
出来ませんでした。
このように、皆様のお手伝いをさせていただいた事に改めて感謝いたしております。

昨年来、皆様からの贈り物は一足先に被災された方の心の中で「感謝」という
花を咲かせ実を結んでおりますが、この雪が消え春の訪れとともに、野田村の
方たちがお贈り頂いた種を撒き、芽吹き花を咲かせ、実になる様子を
管理人様を通じてお知らせ出来たら‥と、思っております。

管理人様、ご相談もせず直接書き込んでごめんなさい。
今回、皆様のお手伝いをさせていただくことができた私は本当に幸せ者です!
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497248/44470618

この記事へのトラックバック一覧です: 久慈のT様より:

« 最終企画発送完了いたしました | トップページ | 10月の女川マフラー企画の写真をシェアいたします »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ