カテゴリー「ニュース」の記事

2013年11月14日 (木)

おっちゃっこ隊クリスマスマーケット詳細

木枯らし一号も吹き、いよいよ本格的に冬がやってまいりました。
季節の変わり目、体調を崩される方も多いようですが、皆様お元気でお過ごしですか?

前回、当ブログで協力をお呼びかけしました
「おちゃっこ隊」さんのクリスマスマーケットの詳細がUPされましたので
お知らせします。(↑クリックするとおちゃっこ隊さんのブログにリンクします)

おちゃっこ隊のクリスマスマーケット

場所:赤坂のフレンチ食堂 カンティーヌ・アリバブの店頭(外...

http://r.gnavi.co.jp/p753600/

(最寄駅は溜池山王。六本木一丁目や赤坂からも歩けます。)

11月27日(水) 18:30~21:00頃
11月28日(木) 18:30~21:00頃
11月29日(金) 11:30~17:00頃
※水曜日と木曜日は夜、金曜日は日中の開催ですので、時間にご注意ください。
※アイテムが売り切れた場合には、時間を繰り上げての終了となります。

お近くの方は是非お立ち寄りください♪

Photo←新潟県O様作。
羊毛フェルトのオーナメント。
同じ大きさに丸めるのが難しかったそうです。
私も来年こそは羊毛フェルトに挑戦したい!
ありがとうございます。

今回のお呼びかけでマイ箸プロジェクトからは14名の有志が協力のお返事をくださったわけですが、滅多にUPすることのない休眠状態の当ブログを今もチェックしてくださってる=三陸を忘れないでいてくださってることだと思うとちょっと胸が熱くなってしまったりします。

おちゃっこ隊さんのブログにも書いてありましたが、この先高台に移転するまで何年かかるかわからない状況に今も沢山の人たちがいて、小さな仮設住宅で息苦しい生活をしていらっしゃいます。
おちゃっこ隊さんの活動は、決して一方的な善意の押し付けではありません。
集落と連携をとりながら楽しい話題や人が集まる機会、コミュニケーションの場を持つお手伝いをされている活動は、女川桐ケ崎の人たちに愛され信頼されているのがよく伝わってきます。

支援のかたちは変わりましたが、今もこうして何らかの方法で三陸のお手伝いができ、
マイ箸プロジェクトに人が集まってくださったことを大変嬉しく思います。

Bxeid5rcmaaddj6←埼玉県T様
北欧の絵本からこっそり抜け出してきたようなキャラクターのフェルトオーナメント。ありがとうございます。

Takahashi←群馬県T様
フェルトのオーナメント、毛糸のソックスに編みぐるみが顔を出してる飾り物などなど、色々な種類の作品を作ってくださったT様。

おちゃっこ隊のY様も届いた作品の写真を撮ってブログにあげてくださるようなので、楽しみにしていてください♪

2013年9月10日 (火)

越谷、竜巻その後

お久しぶりのブログ更新です。

今日は三陸から離れて、8日程前、突然越谷~松伏~野田を襲った竜巻について
少し書こうと思います。

我が家は1.5キロ東にずれており、無事でした。
直後より、マイ箸でお世話になった皆さんが心配して連絡をくださって、
気にかけてくださる方がたくさんいることが、本当に嬉しく、頼もしく思いました。

また、久慈のTさん、東松島市のMさん、マイ箸で繋がった被災地の友人達も
「何かあればいつでも頼って」と連絡をくださって、ありがたかったです。

******************************************************************

竜巻が発生した時、私は主人を駅に送りがてら娘を習い事に送り届けるため
車で走行中でした。

家の近くの信号で停車中、左手の空き地(畑や宅地造成中の建物の無い土地)を
黒い大きなつむじ風(まだこの時点では大きなつむじ風の印象)がまさに生まれて
動き出した感じの瞬間で、とても低い所にある大きな黒い雲が、DVDの早送りをして
いるようなスピードでその大きなつむじ風に吸い込まれて行きました。
効果音がつくとしたら[ヒュードロドロドロドロ…] もしくは
大きな和太鼓の「ドンドンドンドン」でしょうか。

世紀末絵画にかかれている「この世の終わり」のような光景です。
そして唖然としている間に大きな黒いつむじ風は私の後方へ過ぎていきました。
(その直後、激しい雷雨が10分ほど続きました)

運転しながら、その大きなつむじ風が向かった方角が我が家の方ではなかったのを
再確認…息子が一人で家で留守番をしていました。

この後その大きな黒いつむじ風は、1キロほど西の袋山という地区で竜巻に変化し
大暴れ。国道を横断し大杉地区、野田へ竜巻が進みました。

この袋山という地区、古い民家が多く、細い路地で車のすれ違いもやっとという
住宅密集地です。
なぜ、この地点で竜巻に変わったのか…まったくわかりません。

竜巻の被害というのはもう「運」なんだな、と思いました。

屋根が全部無くなって、家が半壊しているお宅の隣は無傷だったり、
1Fも2Fもガラス全損の家の横にたってるトタン屋根の倉庫が無事だったり。
築40年くらいのボロボロの木造のおうちが無事で、隣の新築のお宅が半壊だったり。

怪しい雲を見たら頑丈な建物に逃げろ、と言いますが、
「風」ですので、一瞬どっちに進んでいるのかわからない。
想像以上にスピードが速く、何あれ?なんて目を凝らしている間にもう目の前です。

翌日すぐに久慈のTさんが
「TVを見たら住民の方たちがマスクもせず作業されてたから…」と
「防塵マスク」と「作業用皮手袋」を送ってくださり、
9/4、5日とボラセンターと避難所になっている市民会館にお届けに行ってきました。

これ、是非皆さんに覚えておいていただきたいのですが、
風邪やウィルスから咽頭を守る使い捨てマスクは避難所生活では便利ですが、
片づけの作業現場には向いてません

住宅の崩壊などに伴う細かい塵は、使い捨てマスクでは防げません。
また、屋根や壁、ガラスなどを片付ける時、軍手では怪我の危険もあります。
「皮の手袋」であれば危険を回避できます

これはTさんが、震災の時に現場で作業していた方たちから直接聞き取りし、
支援物資として募集した物です。

防塵マスク、皮手袋。
もし非常用避難バックに余裕があれば、ワンセット入れておくのがお勧めです。

話が脱線してしまいましたが…
袋山には友人家族が住んでおりまして、彼女の家はガラスが割れ、
ベランダがぐしゃぐしゃになる
被害だったのですが、
竜巻直後からの停電のため、電気が使えないのはもちろん、(マンションだったため)
ポンプが動かなくて水道も出ず、トイレも流せず、子供三人トイレに行くたびに
7階の自宅から駅むこうのコンビニまでトイレを借りに行き、
また階段で上ってくるという大変な事態になり、その晩は我が家にお泊りしました。
また33℃を越す暑さ、冷蔵庫のなかみも冷凍庫のなかみももちろん全滅です。

ソーラーランタンは常にフル充電、懐中電灯も所定位置、
非常用バックの中もまめにチェック…みなさん、いまもきちんとやってますか?
電気が止まってもトイレの水は流れますか?
流せない時、どうしますか?
電気が止まった時、生活用品の何が使えなくなるか把握していますか?


自然災害の規模は年々大きくなってきています。
豪雨、台風、竜巻・突風、地震…

もう一度自然災害の種類別に、こんな時はどうしようとシュミレーション
してみて、ご家族の安全を確認してみてください。

ちなみに我が家で留守番していた息子は、突風通過時の一時停電にびっくりして
家の外に飛び出し、向かいの家のお母さんに「危ないから家に入りなさい」と
保護していただいてました。
何度家に電話しても出ないのでとても心配しました。
「竜巻の時は家から出てはいけません」 こんな事、教えてなかったですからね…。

では本日はこのあたりで。

**********************************************************************

8月のおちゃっこ隊さんの活動はこちら!⇒http://ociacco.blog.fc2.com/

次回は10月中旬、恒例の芋煮会だそうです。

2013年6月22日 (土)

ワークショップ無事終了、ご協力ありがとうございました

6/15、女川桐ケ崎住宅での
“キラキラ写真立て”ワークショップが
無事終了いたしました。

素材提供のご協力、ありがとうございました!

以下、おちゃこ隊さんからのご報告です:

1001779_10201302704792002_170009331お母さんたちも、チビッコも一緒にみんなで楽しく、キラキラデコデコしてきました。
可愛いパーツがいっぱいあったので、あれこれ選びながら、それぞれ全然違って素敵な写真立てがたくさん完成しました。
グルーガンも大活躍でした。あれすごく便利ですね。
その場でチェキで撮った写真も入れたりしながら、喜んでもらえたみたいです。
みんなすごくセンスが良くて、
ちゃちゃーっと作っちゃうんですよ。
チビちゃんたち(3歳の男の子と1歳の女の子)は、
入れてもらったシールの他に、両面テープを使ってペタペタしました。

材料はばっちり、十分な量でした。
使わなかったものはまた次回などで使わせて頂きますね。

1017171_10201279377568836_260445051

972000_10201279378048848_1767284994

8617_10201302703151961_634909025_n

*********************************************************************

今回のおちゃっこ隊さんの活動報告ブログは

こちら! ←クリックしてジャンプ

取り急ぎのご報告とお礼まで!

また近日更新いたします♪

1005702_10201279379688889_1426304_2

1002262_10201279379088874_1864190_2

1002262_10201279379088874_186419070


2013年6月 6日 (木)

素材のご提供ありがとうございました

なかなか更新が進まないマイ箸プロジェクトのブログにもかかわらず、
気にかけて覗いてくださり、
素材募集のお呼びかけにご協力いただき
ありがとうございました。


こうしてまだ「自分たちができる事をできる範囲で」続けられているのも
今も三陸も気にかけてくださっている皆様のおかげです。

2013060613110000_1ヨーヨーキルト、リボンモチーフ、ビーズ、アクリルストーン、樹脂デコパーツ、ボタン、変わりボタン、ビーズ、トーションレース、レースモチーフ、フェルトの飾り物、スパンコール、ラメグリッター、お花のモチーフ等々…グルーガンとボンドのご提供もいただきました。

レースモチーフを編んでくださった方、羊毛フェルトを丸めてくださった方(結構難しいんですよね、真ん丸って)、樹脂粘土でデコパーツを手作りしてくださった方、卵のあきパックをお花モチーフにしてくださった方などなど…素材自体をご自分で手作りしてくださった方も多く、もう、びっくりするくらいオリジナリティに溢れている素材ばかりでした。

不思議なことに何か特定のパーツに偏る事もなく、色んなタイプの~ナチュラル系、ファンシー系、キラキラゴージャス系などジャンルも見事にバラバラ。
これはきっと作業するより、「どんなのがあるのー!?」って感じで
ワイワイキャーキャーしているうちに時間になってしまうんじゃないかしら、
なんて思いながら仕分けをしていました。

2013060613110000_2_2さて、その女川・桐ケ崎仮設住宅ワークショップは

「キラキラ写真立てとお茶っこ飲み」

6/15(土)13:00~19:00頃
 

行われることになりました。

前回のおちゃっこ隊さんの訪問時、お酒が入ると、普段はあまり顔を出してくれないオヤジさん達も沢山でてきてくれるそうで、今回はワークショップの後は「おちゃっこ」だけでなく、ちょこっとお酒も入れてワイワイやるそうです。その場でチェキで写真を撮って、出来上がったフレームに入れて持ち帰っていただく、そんな計画だそうです。

また、おちゃっこ隊さんから報告をいただけると思いますので、当ブログでもご紹介していきたいと思います。

皆様のご協力に感謝です。

当日お天気が良いことを祈っています!

Image_5_2

2013年5月11日 (土)

デコ素材募集のお知らせです

女川・桐ケ崎仮設住宅ワークショップ
「デコフレーム作り」(仮)の素材を募集いたします~

Deco01お問い合わせくださった方もいらっしゃいました。
いつもありがとうございますっ。

 
お待たせしましたっ♪
おちゃっこ隊さんのワークショップのお手伝い、
マイ箸Pの出番です~! 


現在、日程は
6月2週目or3週目の週末ということで調整中ですが(※詳細決定したらUPします。)仕分け期間もございますので、予定通り5月末に素材支援の募集をさせていただきます。

募集期間(アイテム受付): 5月24日~31日の消印でお願いします

今回は、普通郵便、定形外、メール便、レターパック350のみの受付とさせていただきます。

募集素材:

アクリルストーンなどのデコパーツ、ミニリボン、木製ボタン、フェルトのモチーフ、トーションレースに両面テープを貼った物など、木製のフレームにデコったら可愛いと思われる小さなモチーフ。(大きすぎる物や重たい物は避けてください)手づくりのヨーヨーキルトやビーズモチーフ、レースモチーフ大歓迎です。少量でも質の高い素材をお届けしたいです。

今の所、扱いやすい多目的ボンドを使って接着する予定ですが、グルーガンも検討中です。

今回は20人程度、2時間程度のワークショップになりますので、大量の素材は必要ありません。(余った素材は皆さんで好きなものをデコっていただけるよう、参加者の皆さんで分けてお帰りいただこうと思っています)

アイテム送付先をご存じない方は、
当ブログ上部の左にある「メールを送信」から、管理人の大島までご連絡ください。
以前にご協力くださった方は、住所など変更ございませんので直接送ってくださっても大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします。

4月のおちゃっこ隊さんの活動→ ここをクリック

2013年4月24日 (水)

6月、デコデコ写真立てワークショップのお話

前回の更新から随分間が空いてしまいました。

前回告知しました女川桐ケ崎住宅でのワークショップについて
ざっくりスケジュールが出ましたのでお知らせいたします。

おちゃっこ隊さん6月の活動
ワークショップ「デコデコ写真立て」の素材支援でのお手伝いをいたします。

正式に開催日がまだ決まっておりませんが、
5月末の1週間ほどの期間を募集期間とする予定です。

3センチほどの木製のフレームの周りをデコります。

募集アイテム
アクリルのラインストーン、デコスイーツ、余り布で作ったミニリボン、木製ボタン、フェルトのモチーフ、トーションレースに両面テープを貼った物などです。
微妙に余っているレース、ビーズ、端切れ、毛糸、フェルトなどを活用して素材を作っていただければ喜ばれると思います。
フレームの幅から大きくはみ出すようなものはNGです、
小さ目の物を作ってみてくださいね。

今回は小さなワークショップですので、オリジナリティー溢れる
質の高いデコ素材をお送りしたいと思っています。
大量にではなく、封筒に入れて送ってくださるくらいの分量でお願いします。

*********************************************************************

だらすこ工房のHP http://www.darasuko.com/

オープンしました。

でもまだ販売は準備中のようです。

*********************************************************************

「あまちゃん」始まりましたね。
私は普段TVを見ないのですが、あまちゃんだけは毎日録画しています。
オープニングの久慈の海の美しさ、夏ばっぱが作るウニ丼…まめぶw
三陸の魅力がてんこ盛りです。

そして個人的には80年代小ネタ満載でツボにはまりまくり。
朝からTVを観て、声を出して笑うっていうのもいいですね


2013年2月 6日 (水)

「だらすこ工房」「くる美人」活動報告会のお知らせと女川ワークショップの予告

しぶきの会の「だらすこ工房」と「くる美人」の両チームが
「HIT企業支援プラン」に選定され、昨秋より2月末まで活動しておりますが、
今回その活動報告会が行われますというお知らせが届きました。
(…残念ですが私は行かれません)

また両チームは正式に「のだ千年の松」グループとして活動し
まもなく専用のHPも公開され、商品の紹介、発注なども
WEBでできるようになるそうです。

※後日URLはリンクします

Image_72013.2.21 10-16時
野田村総合センター 

AM:「HIT企業支援プラン」からの期待、「野田村ブランドづくり」に向けて、「商品パッケージデザイン」の大切さ、「のだ千年の松」グループ設立への想い。

「くる美人活動報告会」
工房立ち上げの経緯とメンバー紹介、オニグルミ食の歴史、オニグルミの栄養学的効用、オニグルミ商品紹介、くるみ食品試食・意見交換

PM:「だらすこ工房活動報告会」
工房立ち上げの経緯とメンバー紹介、スペインのリアス海岸とホタテの話、震災前後の松林風景、防潮松林の歴史、木工商品紹介

ロゴマーク、ホームページの紹介

PRと商品注文のお願い

意見交換会

以上のようなプログラムになっております。

いただいたお知らせの裏面には両チームの代表の方のコメントが掲載されていますので、ご紹介させていただきます。

「だらすこ工房」 大澤継彌さんの話

だらすこって名前は、子供の頃、この家の持ち主だったおじさんおばさんに「だらすこが鳴く前に早く帰れ」って言われたのを思い出してつけたんだけど、当時の楽しさを思い出すくらい今楽しいね。 商品の発想法って聞かれると難しいな、三陸の特産品らしいものを作りたかったんだけど、津波の被害木を使うから、海の物にしたかったってのもある。
工房を始めた理由は、大人の遊び場を作りたかったから。仮設には居場所がないからね。ここにくると一息つけるじゃない。ものを作ると自分で生きてるって感じるし、社会に参加させてもらってるっていうか、社会人だって自負ができるんだ。それが工房の存在意義かな。ボランティアの人たちへの恩返しになればって今そう思って頑張っている。
これからもずっと続けていきたいし、若い人たちの参加も楽しみにしている。若い人たちの産科はいつでも大歓迎!子供達には元気な爺さんの姿を見せたいよ。
これからつくる商品は、スペインタイルのフレームやら、メキシコのパステルドールっていう編み機もあるんだ。
だらすこ工房の精神を一言で言えって言われたら、ドンコだね。根魚だから。深く根を張るんだよ。

「くる美人」中原郁子さんの話

工房というより、くるみを本格的に拾ったのが震災の年。その年はまれにみる大豊作で、今までは食べる分位しか拾わなかったのに、気がついたら夢中で拾っていたの。きっと何かをしていないと落ち着かなかったんじゃないかと思います。気がついたら200キロにもなっていて、自分でも驚いちゃった。
初めは一人でコツコツ割って、掘り出していたんですけど、なかなかはかどらなくて。だって200キロでしょ…。それでお友達に声をかけて手伝ってもらうようになったのが工房を始めるきっかけ。
「くる美人」とつけたのは、この辺ではクルミの事を「くるび」と呼んでいて、美味しいものを「くるび味がする」って表現するんです。私たちもそんな味のある人間になれたらなと思って「くるび人」から「くる美人」に。
一緒に作業する友達は被害にあっているので、「手仕事をしていると夢中になって、その時だけでも気がまぎれる」って言ってくれるので、長く続けられればと思っています。
今は「くるみご飯の素」という2合用のパック詰めを主にやっています。でも段々には加工食品も手掛けたいです。みんなの得意分野で商品開発できたらもっと楽しくなるし、都会の人たちにも地ぐるみの美味しさを知ってもらいたいです。
他にもくるみを拾っている人達もいるので、そのくるみを買えるくらい売れる物を作れたらいいなと思っています。

どうぞ皆様、今後はしぶきの会の「買って支援、宣伝して応援」にご協力ください。

*****************************************************************

5.or6月(日程調整中)に女川・桐ケ崎仮設にてワークショップを行います。

ツイッターで「ワークショップのアイディア」ないですか?とお呼びかけしたところ、
皆様から沢山のアイディアをいただきました。ありがとうございます。

正式に決まりましたのでワークショップのお知らせと、ご協力のお願いの予告を
させていただきます。

「おちゃっこ隊」 (←クリックしてジャンプ)さんとマイ箸プロジェクトの繋がりはもう皆様ご存じだと思います。まだまだ元気に女川で活動されているおちゃっこ隊さん。

実は昨年末、マイ箸の活動を休止し、今後はそれぞれが個人的にできる事をできる範囲でやっていきますとおちゃっこ隊さんにごあいさつのご連絡をいたしました。
ちょうど、おちゃっこ隊さんが現地入りしないけど活動を支えるお手伝いを募集していて、「チラシや案内など、グラフィックの分野でお手伝いします」と申し出ました。
何度かやり取りがありまして、チラシ作りのお手伝いは決まったのですが、春から夏にかけて何かワークショップの案はないでしょうか?という話になりました。

ワークショップといっても、専門の先生お招きする事もできませんし、素材を用意してみんなでワイワイ、気軽に2時間くらいでできる物づくりの会です。

で、採用になったのは、「木製フレームのデコレーション」です。

Image_9

Image_10_5昨年、クリスマスリース作りのワークショップをした時に、みんな(中高年のお母さんたち)が夢中になったのがキラキラのデコレーションだったそうですよ。

という訳で、デコレーション用の素材を4月にこっそり募集させていただくことにしました。
(3月に告知する予定です)

参加人数20人程度のワークショップですので、集まり過ぎても…というわけで、あくまでもご自宅で余っているもの、お暇な時にちょこっと作れる素材限定、封筒や定形外などで送っていただける量でお願いしたいと思っております。(新しく購入していただく必要はありません。質のよい心をこめたものを少し、引き出しのなかから、裁縫箱の中から探し出してみてください)


ちなみにこれは見本で作ったもので、募集する素材は、アクリルのラインストーン、デコスイーツ、余り布で作ったミニリボン、木製ボタン、フェルトのモチーフ、トーションレースに両面テープを貼った物などです。
微妙に余っているレース、ビーズ、端切れ、毛糸、フェルトなどを活用して素材を作っていただければ喜ばれると思います。
フレームの幅は2.5~3センチ程度ですのであまり大きくないもので作ってみてくださいね。

それから…3月におちゃっこ隊さんが「がんづき作り」のイベントを行うのですが、午後の余った時間でできることはないかしらということで、マイ箸から提案した「オリジナルデコレーションカード作り」が採用になりました。
こちらは急でしたので、特に素材の募集はせず、只今、私と友人で素材作りに励んでおります。
どちらも楽しそうな企画でしょ?
こちらも今後ご報告できるかと思います。

それでは長くなってしまいましたが今回はこのあたりで。

Image_6←余ってるリボンに裏面両面テープを貼った物、半端に残ったトーションレースに両面テープを貼った物、ポップなカラーの布シールなど、カード&封筒デコに使える素材をちまちま作っている毎日です。
「もったいないばばぁ」の私(笑)。小さい端切れも微妙な長さのリボンも捨てられず、よいタイミングでデコの出番がきました!

2012年12月29日 (土)

しぶきの会・商品のご紹介(1)

しぶきの会の商品が数点手に入りましたので、ご紹介させていただきます。

Image_19
●ダラスコ工房 (被災したクロマツを使った木工小物)

ダラスコ工房にネット環境を導入しているそうで、年明けにはHPが開設されるかもしれません。商品のご紹介のほか、オーダー窓口もできるようですよ。(情報入りましたらまた改めてご紹介します)

防潮林として野田村を守ってきたクロマツ。今野田村の海岸には10本程…残念ながら数えるほどしか残っていません。ダラスコ工房の商品の売り上げは工房で作業をしているオヤジさん達に分配され、その一部は千年の松基金として新しい防潮林を植えるために寄付されます。

現在は技術の向上と製品開発に力を入れています。

クロマツは柔らかく加工しやすい反面、湿気を含むと歪みやすす、思うように製品化が進みません。

NPOからの補助金で、新しく工具と機会を導入するそうで、来年のNHKドラマ「あまちゃん」がらみで観光客が増えることを期待して、オヤジさん達も頑張っているそうです。

根付、ペンダント、箸置きなどは野田村の特産品でもあるホタテやどんこをモチーフにしたもので、写真手前に写っている物はバレッタ(新商品)。500~800円の価格帯です。
写真左上に写っている木箱は、今回私が「詰め合わせセット」をオーダーした際に製作してくれたもので、何度も作り直してくれたそうです。(木箱:2000円)

Image_16●くる美人(くるみを使った商品の開発・販売)

しぶきの会に新しくできた「くる美人」は、野田村周辺で沢山とれる【くるみ】を使った商品を開発、製造しています。この写真の商品は「くるみご飯の素(3袋入り)」350円。2合のお米に対して1袋入れて塩を少々プラス、炊飯器で炊きます。香ばしいくるみご飯が簡単にできます。私はもうすこし細かく砕いて、ホームベーカリーでくるみパンを焼きました。

お値段的にも、お求めやすく、とても良い商品だと思います。お勧めです!

Image_18_3
●しらゆりの会(フェルト小物)

フェルトの手芸小物を作っている「しらゆりの会」

今回届いたのはのんちゃんのフェルトマスコットでした。(350~500円)こちらは商品として、正直申しましてまだ販売するのはいかがなものか、という感じです。現在、新潟のO様がもう少し簡単に作れるよう型紙から商品見本を作ってくださっています。

Image_17●グラシアの会(布小物)

端切れや古布を使った布小物を作っているグラシアの会。ボックスティッシュケース、ふうろうのマスコット、匂い玉(お手玉)、ポケットティッシュケースなど価格帯は350~1500円。マイ箸で前回募集しました毛糸も、グラシアの会でエコたわしになって販売されています。

今回ご紹介した商品は、現在、野田村・久慈などの道の駅など現地周辺でのお取扱いのみですが、ファックスにて受注生産も受け付けています。お1つからでも歓迎です、とのことです。

問い合わせ・ご注文はFAXにて FAX: ☆194-78-3012 (←☆を0ゼロに置き換えてください) 担当・くる美人(中原さん)です。 くる美人の商品以外でも、しぶきの会の商品でしたらこちらのFAXからオーダーできます。

*********************************************************************

今年も大変お世話になりました。

もうすぐあの震災から2年です。
世間ではすっかり報道も少なくなった三陸ですが
今もなお、仮設住宅で沢山の方が生活されています。
それでも、1年半前の「絶望感」は消え、ゆっくり新しい一歩を踏み出している
空気が感じられます。

アイテムの募集や素材の募集は今後行う予定はありませんが、
しぶきの会が軌道に乗るまで、ゆっくり後ろから支えていきたいと思います。
以前のような頻繁な更新はできませんが、新しい便りがありましたら
皆様とシェアしていきたいと思います。

どうぞ皆様良いお年をお迎えください。

2012年12月 4日 (火)

色々あるけど色々書けないお話

ブログの更新が遅れて申し訳ありません。

前回、皆様からお預かりしたフェルトと毛糸は11月1日に無事到着しましたと
しぶきの会さんよりお葉書をいただきました。

■11/5到着のお葉書全文■

マイ箸プロジェクトの皆様
暖かいお心、本当にありがとうございます。

優しさにお返しする言葉も探せずにいます。

いただいた毛糸はたわしを編んで換金させていただきます。
(※編んで販売してという意味だと思います)

今は、売り上げもですが、手仕事があるというのが救いです。
「明日仕上げる仕事がある」と思うと
今日を生きられます。
本当にありがとうございます。

Image_4

Image_6_2

Image_6

*********************************************************************

前回のブログでも書いた通り、現在しぶきの会を取りまとめしている方は
電話もパソコンもなく、通信手段が手紙だけです。
色々聞きたいことをお手紙してお荷物に入れたのですが、
到着のご報告のみのお葉書で、まだ詳しいお返事をいただくことができておりません。

また、しぶきの会で作られている製品のサンプル詰め合わせを1万円分お取り寄せの
注文をしているのですが、そちらもお返事がなく、結果としてブログの更新ができずに
おりました。

さすがに1か月過ぎ、催促のお手紙を書くべきかどうしようか悩んでいたところに
久慈のT様からお電話があり(な、なんというタイミングの良さ!)
12/1.2あたりに様子を見に行ってくださるという事になりました。

(ここから先はT様からのご報告といいますか、又聞き情報なので
後日、先方から連絡が入りましたら、改めてご報告させていただきます)

NPOの補助金が出ることになって、ダラスコ工房に新しい機械が入ることになった。
その関係で忙しくてこちらへのお返事が延び延びになっていた。
詰め合わせセットの中身は各チームで現在制作中で、
それらを入れる箱をダラスコのオヤジさん達が作っているけれど、一度上がってきたもののクオリティーが低くやり直しさせている。

ダラスコ工房は本格的に動くため、現在プロモーションのための色々なものを製作中だそうで、今後はFAXを使った発注窓口を設けることになるそうです。(その準備中で忙しかったそうです)

聞いた限り、のお話ですが、
自分たちで一歩ずつ前に前に踏み出している感じがします。

次回のブログ更新では、そのしぶきの会さんの製品のご紹介と、ダラスコの発注窓口のご案内など、まとめてご報告したいと思います。

***********************************************************************

石巻の支援商品のご紹介

made in 石巻 puchinya  ←クリックしてジャンプ

Image_9Puchinyaはメイドイン石巻をコンセプトに石巻の被災企業で協力しあい、
製作販売することで経済を循環させます。
支援グッズというのをなしにしても可愛くて
愛着ができ、喜んでもらえ実用性もあるクオリティというのにもこだわります。

(紹介リーフレットより)

コインケース・ポーチなどは、石巻に本社があるウエットスーツ国内トップメーカー・
モビーディック社の素材を使っています。
ウエットスーツの素材=丈夫でジャブジャブ洗え、独特な弾力があります。
この弾力が…まるで肉球なんです…

デザインの良さ、機能性、どれをとっても「復興支援商品」という看板を外しても
世界的なレベルで通用する素敵なアイテムです。

ちなみに私はお仕事させていただいた方からギャラとしてプレゼントしていただきました。
HPで拝見していたよりも、実物が遥かに可愛いいです。
各地のイベントでも販売されているようですので、お近くで展示があったときは
是非足を運んでください。
「猫派じゃなくて、犬派よ」という方には犬ちゃんデザインをあるようですよ~。
クリスマスのプレゼントにいかがですか??

(あぁ、このクオリティがしぶきの会さんにも欲しい。このレベルにたどりつかないと貰って嬉しいプレゼントにはなりませんよね。頑張れダラスコのオヤジさん!…独り言です(笑))

Image_7

Image_8_5

Image_8_4

Image_9_2

Image_8_3

2012年10月31日 (水)

発送完了のご報告

予定より遅くなりましたが、29日午後、段ボール2箱(特大・大)を
野田村・しぶきの会様へ発送完了いたしました。

ご協力くださった全国の皆様、ありがとうございました。

しぶきの会様よりご連絡があった際、次回のブログ更新にて
色々細かいご報告をさせていただきたいと思います。

本日は追加購入した分と、収支のご報告です。

10/28、県立大学にてフリーマーケットを行いました。
医療福祉系大学ということで、ボランティアにご理解のあるお客様が多く、
雨天にも関わらずハンドメイド部門はマスク数枚を残して全部SOLD OUT。
私製作のマスクの他、新潟県O様の製作協力により、ランチョンマット、ばね口ポーチ、
マカロンポーチ、巾着、マスコットなど品数も増え、合計11,500円の売り上げになりました。

この売上から10,102円分の毛糸を10/29午前に追加購入しました。

02この追加分に、更に千葉県のN様よりお預かりしたギフトカードで購入した毛14糸玉(写真左上、茶系)を合わせまして、しぶきの会に発送いたしました。

001送料は段ボール2箱分で1200円+1600円=2800円。

そのうち1970円は岡山県O様、山口県F様、千葉県S様からお預かりした切手を使わせていただき、不足分830円はフリマのハンドメイド売上(売計11,500円-毛糸代10,102円=残高1,398)から出しました。

ハンドメイド売上残高568円に、衣類雑貨など家庭の不用品を売った売り上げ約6,000円を足し、プラス私の小遣いを合わせて10,000円にしまして、これを「しぶきの会製品詰め合わせセット」の購入費用として送金いたしました。

近いうちに、しぶきの会の各復興支援商品のご紹介が詳しくできるかと思います。お楽しみにしていてください。

今の所、しぶきの会の復興支援商品は、野田村、久慈の道の駅と物産店のみ購入可能です。インターネットでの通信販売をご提案したのですが、口コミで発注があるくらいの方が気楽に作れてちょうどいい、とのこと。
…にしてもあまりにも認知度が低く、結局ごく限られた関係者しか全製品を把握していないという状況です。(私も全部知りません)
こちらのブログでご紹介することで、バザーやフリマで販売してくださる方が発注してくださるといいなぁと思っている次第です。

次回は色々とご報告できると思います。
もう11月ですね。
急に冷え込んでまいりましたが、皆様お身体ご自愛ください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ